「ひねつくね」と「若鶏つくね」の特徴